令和3年5月11日(火)
☆『最近「よもやま話」が変わっていませんね。』ある教師の言葉です。『あっ、そういえばそうだった』といことで書き始めました。ちょうど給食を食べ終わったところで、献立の豚肉の生姜焼き丼を美味しく頂きました。お玉一すくいだけ肉のみお代わりしをしてしまいました。
☆今日は誕生会でした。誕生児の保護者の方にご参加いただきますが、男の子の方が照れ易いような印象があります。それも思い出の一つかと思います。
☆さて、緊急事態宣言の発令を受けて参観をやむを得ず中止することになりました。活動によっては園児も教師も十分に経験することができないことがあります。それを補うために工夫を重ねていきたいと強く思います。

令和3年3月6日(土)
☆2歳児組、そして年長組のミニ発表会が終わりました。これで、今年度の保護者の方向けの発表会は全て終了しました。でも、子ども達の発表会は未だ終わっていません。昨日も教室で発表会を行っていました。見せる発表会ではなく「楽しむ発表会」ですから、子ども達はいつまでも発表会を楽しむことが出来ます。
☆今年の作品を見ていまして、男女の区別無く(男の子が女性の役・女の子が男性の役を)いろいろな役を楽しんでいたように感じました。それは、この形式が台詞や衣装に頼る発表では無いからだと思いました。音楽と身体表現ですし、衣装も使いません。ですから、男女こだわること無く、自分がやりたい役を選ぶことができます。
☆しばしば例に出す話ですが、過去にこんなことがありました。~ あるバス停で下車するなり「僕は木の役をやるんだ」というようなことをお母さんに話した子がありました。そのお母様は本園の発表会を既に経験されていますので、そのまま上手に対応されたようです。ところが、一緒にいらっしゃった他園の保護者の方は、ちょっと驚いたような表情をされたそうです。
☆子ども達にとって主役とは王様やお姫様ではありません。自分がやりたい役をすることが主役なのです。場面や作品によっては、王様役や姫役の人気が無いこともあり、その子は木の役が嬉しかったのでしょう。その時の木の役は、皆で繋がりながら森か藪の怪しさを表現するものだったと記憶しています(記憶違いかもしれませんが・・)。

令和3年3月2日(水)
☆本日は今年度最後となる3月の誕生会です。誕生会では少し話をするのですが、今回は3学年とも同じような内容を話しました。
 それは、年少児には少し難しかったかもしれませんが、綺麗な声、綺麗な言葉、綺麗な姿勢といった内面的なものです。
☆時々、園便りでも触れていますが「ヤバイ」「マジ」と言った言葉使がとても気になります。年少児でもこの様な言葉を口にしています。また、綺麗な声ということは、元気な声と怒鳴り声を区別することです。ややもすると『元気な声=怒鳴り声』となりがちです。特に歌うときにこうした傾向が見られます。
☆綺麗な言葉は、我々大人が普段から気をつけなければなりませんし、綺麗な声も少し気配りするだけでも大きく違ってきます。
☆綺麗な色、綺麗な言葉、綺麗な声、綺麗な音、といった感覚は感性によるところが大です。豊かな感性を伸ばしてほしいと強く願います。

令和3年1月19日(火)
☆更新が疎かになってしまい、久しぶりのよもやま話です。先週の暖かい日とは打って変わって、昨日・今日と寒いのですが子ども達は元気に走り回っています。中には息を切らすほどの子もいました。そうした姿を見ていますと、なんとなく元気を貰えそうに思えてきます。
☆2月下旬の発表会に向けて作品作りに取り組んでいます。子ども達にとっては楽しい活動ですが、教師はいろいろ頭を悩ませています。構成(舞台上・フロア、どちらからから出入りするのか。演ずる人数は適切か。曲をどのように処理するのかなど)をどうするか、ピアノをどのように演奏するか、小道具の使い方、そして一番大切な事柄である「子ども達への言葉がけ」など、考えなければならないことは多方面に渡ります。しかし、子ども達と教師が力を合わせて作品作りを経験することで、教師の力はぐっと伸びます。あと1ヶ月少々、作品ができあがるのが楽しみです。
☆ホール横の風よけカーテンが新しくなりました。これで、少しは寒さを防げそうです。

令和2年11月12日(木)
☆今週は「音楽参観」です。1クラスあたり約30分の短い時間ではありますが、親子で楽しく過ごして頂ければ何よりです。1998年度の音楽参観のおたよりがデータとしてパソコンに残っていましたが、それを読み返しますと「音楽参観は皆様に合奏と歌をご覧頂くものです。形式は発表の形式をとりますが、『発表会』ではなく『参観』を基本とするものです。
 子ども達を舞台に上げ、幕を引いて行う事は出し物的になりがちで、また、保護者の方にとりましても、幕や舞台を使いますと幕の開いている場面しか見ることができず、合奏に入るまでの子ども達の様子が分かりません。」とあります。この頃は、楽器の種類を減らし「楽器の見本市」からの脱却を探っていた頃です。「楽器の見本市」とはある先生から言われたことで、『合奏とは、いろいろな楽器を使用すること』という固定概念に縛られていたからです。まずは、楽器を減らしたうえで、幕を無くして子ども達の入場や退場といった日常の動きも見て頂くことで「出し物的」な面を除こうとしていました。幕を無くすだけでも日常に近くなります。それから手直しをしつつ現在の音楽参観に至っています。

令和2年10月22日(木)
☆10月も後半を迎えました。話題が少し古いのですが、運動会は残念ながら雨天のために体育館での開催となってしまいました。そんな中でも「運動会ができて良かったです」という声をかけて下さった方が多数あり、嬉しく思いました。聞くところによると、県内でも運動会を中止した園も幾つかあるようです。今後の行事も、できる限り工夫して開催したいものです。
☆現在、保育科の学生1名が教育実習として来ています。1週間だけなのですが、実習ができるだけ恵まれています。ご承知の方もいらっしゃるかと思いますが、幼稚園に限らず教員免許取得のための教育実習を、コロナ感染症のために軒並み中止する学校が多数あります。『実習に関する授業を行うことで教育実習の単位としても良い』との文部科学省からの通知をうけての措置です。理解はしますが、十分な実習を経ずに現場に出ることで大丈夫だろうかという思いは拭えません。学生がかわいそうです。
☆昨日、年長組が芋ほり遠足へ出かけました。今年は芋だけでなく、枝豆も収穫しました。教師によると、芋と違って収穫対象物が見えるという事と目新しさのためか、予想した以上に子ども達の反応が良かったということです。また、畑も近場に変更したことで、移動に掛かる負担も軽減することができました。来週以降、他学年も出かけますので収穫が楽しみです。

令和2年9月29日(火)
☆今日は2歳児組と年少組の園内運動会でした。当初は全学年で行う予定でしたが運動会が学年毎になったために、 プログラムも年少 → 年中 といった編成ができなくなりました。そのために教師の動きの確認を兼ねて園内運動会も学年毎に変更しました。しかし、子ども達にとっては毎日が運動会です。思い思いの走り方で教師を目指す2歳児組、自分で選ぶ要素が入っている年少組は、行うたびに違う要素を選んでいます。楽しく身体を動かしてほしいです。
☆また、体操教室のデモンストレーションも行い、出場する園児以外の2歳児~年長児まで全員が見学しました。鉄棒の連続逆上がりでは、私の前に座っていた2歳児の「すごいねぇ」という言葉が聞こえてきました。2歳児でも分かるのですね。

令和2年9月16日(水)
☆朝晩、大変過ごしやすくなりました。前庭のプールも片付けて、広い場所が再び現れました。今まではテントの骨組みを利用した遮光ネットでしたが、今年は柱のおかげで日差しを遮る広い場所が確保できています。日中はとても気持ち良いです。
☆今週から男性教師が一人増えました。パート勤務ではありましが、バス乗車や行事の手伝いなど幅広くやって貰う予定です。宜しくお願いします。

令和2年8月28日(金)
☆昨日に続いて、今日も「ミニおまつり」を行いました。昨日は2歳児組~年少組、今日は年中組~年長組の子ども達です。クラス毎にホールで「射的」「的当て」「宝探し」「金魚(樹脂製)すくい」「輪投げ」などを楽しみました。短い時間ではありますが、夏季保育をお祭りで終えることができました。特に金魚すくい(年中組までは金魚をすくう ”ポイ” が紙では無く網になっていまるものを使いましたす)がおもしろかったようで、たくさんすくっていました。
☆9月1日からは2学期が始まります。まだまだ厚さは続きそうですが、元気に登園してくることを願っています。

令和2年8月26日(水)
☆あいかわらず暑い日が続きます。今までは園舎の前庭にテントを立てて日除けとしていましたが、盆休みの間に大きな日除けネットが設置できるように柱を立てて貰いました。
テントの足も必要ありませんので、幅15m、奥行き6m程度の広い日除けができました。遮光ネットの張り方などを少しずつ調節しながら使っていきます。
☆親子で楽しむ「わくわくまつり」も結局中止し、その代替行事として子ども達だけでの「お店屋さんごっご」を昨日行い、明日は「ミニおまつり」を行います。教師達がいろいろな遊びコーナーを設けて、親子で楽しむはずでしたが、何でもかんでも中止ということは寂しいことです。せめて子ども達にはいろいろな行事を楽しんで貰いたいと願っています。

令和2年7月31日(金)
☆梅雨が開けぬまま7月を終えようとしています。例年なら梅雨明けやスポーツに関する報道がなされるのでしょうが、今年は感染者数の報道が一番です。先ほど、「わくわくまつり」の開催有無に関するメールを皆様に送信しました。「開催します」と言う内容で送信できれば良かったのですが、県内感染者急増の状況ではそういうわけにもいきません。その分、夏季保育中に、年長組だけでなく園児全員で楽しめる様に、子ども達だけで「わくわくまつり」を開催します。

令和2年7月18日(土)
☆今日は本園2階ホールを会場にして、交流のある幼稚園と合同の研修会を行いました。いつも何かとご指導いただいています幼稚園の園長先生を講師に、描画・楽器遊び・身体表現・リズムを講義と実技を中心として約5時間の研修会でした。描画ではテーマの選び方や絵の具の濃度・画用紙の色の選択、身体表現における指導上の注意など実りある研修会でした。
本来、春先に行う予定でしたがコロナの関係で延期して本日行うことが出来ました。研修会で学んだことは、今後の夏季保育から2学期にかけて保育に活かしていきます。

令和2年7月7日(火)
☆今日は七夕です。しかし、九州の水害被害の皆さんはそれどころではありません。ニュースで数年~10年ごとに水の被害にあっている地域もあると言うことで、お気の毒にとしか言葉がありません。近年は、雨が降ると水害が発生する状況が多いようです。やはり温暖化の影響があるのでしょう。
☆さて、天気が不順ですので「ぬたくり遊び」はしばらく出来そうにありません。ぬたくり遊びでは絵の具を大量に使用しますので、初めの頃は「注文間違いではありませんか?」と注文先から問い合わせがあったのが語りぐさになっています。
 今年は新型コロナの影響で例年の様に大規模には実施できませんが、学年毎に行うために日程変更には柔軟に対応できます。曇り空で出来るのが一番なのですが、どんな状況でも楽しめるのが子ども達です。のびのびと元気よく楽しめるように環境設定を考えます。
☆本日と明日、高校生が保育体験で一日過ごします。子ども達が描画で絵の具を上手に使うので驚いたと、訪問された担当の先生に話していました。明日はどんな発見があるのでしょう。

令和2年6月15日(月)
☆今日から教育実習として2名の学生が通います。本来なら5月の実習でしたが、1ヶ月遅れの実習となりました。新型コロナの影響で教育実習の日程が繰り下がってしまい、夏から秋の日程の実習生と重なるために規程通りに実施できない事例が多数あるということです。
 その対策として大学で実習に関する講義を行うことで、実習の日程を一部短縮しても良いという特例が文部科学省から示されています。しかし、講義では現場で体験する内容を十分に補うことはできません。かといって、卒業を遅らせる訳にもいきませんので悩ましいことです。実習を短縮せざるを得ない学生がかわいそうです。今回の学生は予定通りの日数で実習を行いますので、幸いといえます。
☆園生活が始まって2週間。「園長先生、カメラは?」と尋ねるほどの年少児もあり、少しずつ余裕が出てきたようです。しかし、まだ不安げな様子の子は多数あります。年中・年長児でも時々寂しくなったり、落ちつかない時もあるようです。家庭での生活が長かった影響もあるかもしれません。教師との信頼関係をしっかりと築き、笑顔の時間が増えるよう努めます。

令和2年6月11日(木)
☆昨日、4ヶ月ぶりにある会議に出席しました。毎月の定例会ですが2月に行って以来です。60~70平方メートル程度の部屋にテーブルが並べてありますが出席者は12名です。欠席者が多かったのではなく、2mほどのテーブル1台につき一人という設定で準備がしてあったのです。会場の担当者いわく「このくらいの設定にしないと業界のガイドラインに抵触する」ということでした。参加者全員マスク姿で会議を始めましたが、隣同士でも2m近く、対面してる人とは5mほど離れていますので発言が聞き取りにくく、マイクがいるほどでした。
 18時頃会議が終わり会食となりましたが、施設内のレストランは営業自粛中のため仕出し弁当が会議室のテーブルに並びました。そのため、時々会話はするものの静かな会食でした。
☆業界のガイドラインとは言え、コミュニケイションがとりにくいので、結局、議題以外の会議に付随することや情報交換は会議室前のロビーで話していますので、何だか不思議な感じがしました。
☆新しい生活様式、どんな風になっていくのでしょぅか。

令和2年6月6日(土)
☆全体の登園が始まって一週間、給食も始まりました。まだ2歳児組は半日ですので、2歳担当の一部教師も年少組へ給食の応援に入りました。順番に写真を撮っていきましたが、取りかかりが少し遅れましたので、給食が終わりかけの組もありました。教師の応援もありましたが、意外も園生活に慣れて自分で食事する姿も多くありましたので、その分早めに食べ終えたように感じました。
☆昔から6月は「衣替え」ですが、私が中学高校の頃は6月でも寒い日も多く、上着を着ることも多かったです。しかし、昨今は5月と11月に衣替えをしても良いくらいの気候です。昨日も朝からとても暑い日でした。のぼせてしまった子もありますので、暑さ対策をしなければなりません。

令和2年6月1日(月)
☆分散登園の最終日です。明日からは、半日保育ではありますが全員登園が始まります。この一週間を振り返ってみますと、比較的落ち着いた日々であったかと思います。特に年少児のクラスには常に3人ほどが携わるのですが、登園人数が少ない分、個別に指導したりすることができたことも大きいかと思います。半面、年中児や年長児がゲーム遊びをするにはハラハラ・ドキドキ感がちょと物足りないかもしれません。
☆今日は、2歳児クラスの入園式を行いました。ホールでの簡単な挨拶と記念写真でしたが、ぐずることもなく、大変順調に進みました。明日から登園ですが、楽しく過ごしてもらえることが一番です。
☆今年度始めて全員が揃う日です。教職員、気を引き締めて臨みます。

令和2年5月26日(火)
☆昨日から分散登園を開始しました。全体をコース毎2組に分け交互に登園するのですが、全体の人数が少ない分落ちついた感じを受けます。休み期間が長かったためか、年中児や年長児でも不安な様子が見て取れる子も何人かありました。一日でも早く園生活のリズムが取り戻せるように努めます。

令和2年5月6日(水)
☆例年ならば、連休も後半と書くところですが、今年はなんと書いてよいのかわかりません。幼稚園はもともとカレンダー通りですので、明日明後日と預かり保育の子たちが登園してきます。久しぶりに子ども達の声が園内に響きます。
☆私はこの連休は、幼稚園の駐車場とその周りの除草剤散布、書類の整理、「おうちでようちえん」の動画処理の5日でした。毎日来ていますと曜日の感覚も狂いがちで、日々カレンダーで曜日を確認していました。
☆さて、おうちでようちんの動画は未だ半分程度しか撮れていませんので、明日から教師が撮影してくれるようです。少しでもご家庭で幼稚園気分を感じてもらえることを願っています。
今日の配信はちょっと勘違いをしてフライングをしてしまい、気づいた教師から電話がありあわてて停止する失敗もしてしまいました。明日からもがんばろう・・・・

令和2年4月29日(水)
☆今日は祝日、とても良い天気です。起床後、久々にゆっくりしました。ニュースを見ますと、行楽客が来ないようにと大切に育てた草花を刈り取る様子が映っていました。全国あちこちでこうしたことが行われているようです。藤の花を切っていた地元の役員さんは、心なしか目が潤んでいるように見え、無念さが伝わってきました。
☆昼前、園に来て昨夜アップした生活カレンダーを手直しして再度アップしました。少しでも使っていただけたら幸いです。「おうちでようちえん」の様な動きは全国の幼稚園で見られるようになりました。内容の充実をはかるため体育指導の先生に依頼して、おうちで体操の動画を作ってもらいました。運動の参考なることを願っています。
☆今日は、教師が撮影した動画の加工作業やその他の事務処理をやる予定です。ただ、集中して行う時間が短くなってきたように感じます。やはり集中力が落ちてきたようです。音楽をかけながら机に向かいます。

令和2年4月20日(月)
☆今日はトミーつうしんの4月号を作成しました。こうしたお便りを皆様の手元にどうお届けしようかと考えていましたが、やはりアプリだけでは寂しいですし、何より誕生児の紹介は、実際に手に取ることができる印刷物でなけらばならないと思います。必要最小限の4月号となりましたが、明日郵便局へ差し出しに行きます。ただ、添え書きを入れませんでしたので、この点ご容赦下さい。
☆さて、動画配信も2廻り目になりました。子ども達には「見ながら動くことができる内容が喜ばれそうだ」ということで、リズム遊びを取り入れてくれました。短い内容ですから、親子で一緒に楽しんでいただく事もできます。
☆明日は天気が良さそうですから、登園した子たちも運動場で遊べそうです。

令和2年4月17日(金)
☆動画配信、私たちが思った以上に喜んでいただけいるようでとてもうれしく思います。小学校のお兄ちゃんと一緒に楽しんでいます、先生の姿を見て喜んでいます、といった感想もお寄せいただいています。ありがとうございます。
 教師も子ども達に会えない分、色々と考えてくれていています。配信は年中組から開始しましたが、撮影は年少組が最初の撮影でした。それがだんだんと自分たちで工夫を加えて、楽しんで撮影に臨んでくれています。
☆元気よく遊び回ったり友達と遊んだりする機会が減り、子ども達も寂しい思いをしていることかと思います。動画を見て少しでも寂しさが紛れるならうれしく思います。
登園できなくても繋がっているんだよ! そうした思いでこれからも工夫してみます。

令和2年4月15日(水)
☆なかなか先が見えない状況が続いています。何かできないかと考え試しに動画をアップしましたが、視聴回数の数字が思った以上に大きくてびっくりしています。
あまり時間をかけず短時間での撮影にしていますので、少々アラが見えるかもしれませんが大目に見て下さい。
☆早速動画の感想をお寄せ下さった方も何人かいらっしゃい、教師達も喜んでいました。今後は紙芝居や絵本なども考えてます。
今は我慢の時かもしれません。もう少しみんなで力を合わせましょう。

令和2年4月13日(月)
☆始業式と入園式はかろうじて実施できましたが、その後は静かな幼稚園です。今年度最初のよもやま話が、臨時休園(臨時の預かり保育)から始まるとは残念でなりません。
愛知県では、保育園や幼稚園には「できる限り預かり保育を行うように」との依頼がありましたが、他府県では幼稚園も保育園も幼稚園も休園というとこともあるようです。
教室のロッカーを見ますと、道具箱の入ったところと空っぽのところが入り交じっています。こんな風景は見たことありません。早くロッカーが道具箱で埋まることを願うばかりです。

令和2年1月31日(金)

☆2月から産休に入る教師があり、寿司、オードブル、お菓子、飲み物を買ってきて園で会食をしました。賑やかなのはいつものことですが、ケーキが机の上に並んだときは歓声があがりました。わいわいがやがや、金曜日ということもあって職員室がしばらく賑わっていました。風邪などを引かないように過ごしてもらいたいです。
☆3ヶ月空いてしまいました。無償化関連の事務でパソコン処理過程の手直し、役所に出す書類の形式の確認などで、思った以上に時間がかかってしまい、ホームページの更新も後回しになっていました。
また、OSもwindows10 になるということでしたが買い換えが遅くなってしまい、今月やっと買い換えて入れ替え作業にも時間がかかってしまいました。
ようやく落ち着き、よもやま話の更新となった次第です。
☆windows10 はwindows7と大きく違うようで、何本もソフトを買い換える必要が生じました。私はデータ管理や文書作成は日本製のソフトを20数年使っていて、それらの買い換えはやむを得ないと思いますが、今までの設定が一部移行できないことは手間でした。
 エクセルやワードは基本的には使いませんが、先方から送られたエクセルやワードに書き込んで返送しなければならないことがあり、これらの買い換えは気が進みませんでした。